スズキアリーナ 広島北

ジムニー・スズキ車の事はお気軽に!082-873-3300 営業時間9:00〜20:00

ジムニーファン

もっと遊びを Jimmny enjoy more! play more

今回は、新シリーズ「もっと遊びを!」はジムニーの遊びをご紹介、提案致します。 第2回は田中健一氏のジムニーだからできる遊びをご紹介しています。ジムニーの楽しみ方についてのご意見やこんな遊びを楽しんでいるという方のお便り、ご提案をお待ちしております。ここから

第二回

「自分でいじって、自分で運転」

<中田健一氏の遊び方>

篠が原林道にて クロカン走行

私のジムニーの楽しみ方は、『自分でイジって、自分で運転すること』。最近購入したSJ30は私にとって最高の遊び道具です。

SJ30は経年劣化によってボディは錆びによる穴だらけ、ドアとボンネットは色違い、おまけに一般道では歯を食いしばって走らなければ流れに乗ることが出来ないほど遅いのです。

篠が原林道にて V字溝にアタック!

しかし、スズキプラザ北のスタッフの皆様にアドバイスを頂きながら、足廻りを作ったり、ボディを加工したりと自分なりの改造を楽しみながら、林道へも足を運んでいます。

特に、昨年初めごろから夢中になっているクロカン走行では、以前乗っていたJB23W(今は妻が乗っています)をはるかに超える走りで、20年以上前の車とは思えないポテンシャルを発揮してくれます。

自宅前でSJ30とJB23W

スズキプラザ北でステップカット加工

篠が原林道にて 新緑がキレイです。

例えば足廻りですが、JB23Wのコイルスプリングは柔軟な動きで乗り心地は良いのですが、無駄な車体の揺れが多いように感じます。

それに比べてSJ30のリーフスプリングは硬くて乗り心地も悪く、ストローク量もJB23Wほどではありませんが、タイヤの接地感は抜群です。

浮いていたタイヤが接地する瞬間にも無駄な車体の揺れが無く、『ピタッ!』と止まるような感じで非常にコントロールしやすいものです。

心臓部は、最近見かけることの無い2ストロークエンジンで、カタログスペック28psという非力なものですが、トランスファーのギア比の低さも手伝って超低速で走行出来ますし、2ストロークエンジン特有の排気音は堪らないものがあります。

篠が原林道にて 直立状態!

篠が原林道にて V字溝走行

篠が原林道にて どんなラインで走ろうかな?

またSJ30の車体はJB23Wに比べ200kg以上軽いためとても軽快で、さらに幌ボディなので重心も低く、横転しにくいというメリットもあります。

最近では『この程度の路面なら行けるかも?』とか『誰かがクリアーしているから自分も出来るのでは?』と、だんだんと過激な走りになり、ボディの傷もそれにつれ増えてきました。

それでも、自分の思い描いた通りのラインで走破できた時の喜びもまた同じように増えました。

テイジャスランチにて モーグル走行練習中

テイジャスランチにて SJ30と娘

テイジャスランチにて 転倒寸前!

そんな遊びをしている私の車を見て『もっと綺麗にしたら?』と言う人もいますが、私にしてみればSJ30は楽しい遊び道具であり、使い込んでいくほどに味が出る、例えるなら、ジーンズのようなものなのです。

使い込まれたジーンズは様々なシワや破れ、汚れが付き色褪せてきても独特の存在感を放ちます。そんな本物が持つ存在感に近づけるように、これからも私なりの愛情表現でSJ30との楽しいジムニーライフを送りつつ、今まで以上に遊び続けたいと思います。

おすすめコンテンツ
  • 特選された一台を!ジムニー中古車情報
  • ジムニーで遊ぶ人に もっと遊びを
スズキアリーナ広島北
ページ上部へ Copyright(C)2013 Suzuki Plaza Kita. All Rights Reserved.